【商品案内】ジェルリムーバーを使ったマツエクオフ2019/02/05



マツエクのオフは時間がかかるからお客様にはなるべくリペアを勧める。。 というマツエク施術者もいるのではないでしょうか?

リペアでも付け替えでもリムーバーは使用すると思いますが、全体をオフするクリームリムーバー、リペアなど部分オフに使用するジェルリムーバーと大きく2つに分かれます。

リムーバーの成分の中にはアセトンが入っているものもありますが、当店が扱っている商材の中のジェルリムーバーはノンアセトンなのでお客様への負担を軽減し、1分程度でマツエクグルーを溶かしだします。

しかもCILのジェルリムーバーはすぐ溶け出すので全体をオフするのに使用するとかなりの時短になります。
今回は当店の大人気商品でもある、ジェルリムーバーの使用方法をご紹介します。

   

ジェルリムーバーを塗布するまでの手順


1.瞼をテープで固定する

ジェルリムーバーでオフをする際に大事なポイントとなるのがテープの貼り方です。
瞼の目尻側と目頭が側にテープを貼りしっかり引き上げます。
この時、目尻と目頭の両端がしっかりとテープで引き上がっていることを確認してください。
(目尻、目頭がしっかり上がっていないとリムーバーが目の中に入ってしまう可能性が有ります。)
 
2.下まつげをテープで固定する

次に下まつげを低刺激のテープでとめていきます。
これはマツエク を施術する際に下まつげをテープで止めるのと同様です。

 
3.ジェルリムーバーをグループレートにだす

テープでしっかり固定出来たら、次にジェルリムーバーを使用します。
プレートに出さず直接出してしまうと、思ったより多い量が出てしまう事があるので必ずグループレートに出すようにしましょう。


グループレートの商材はコチラから


 

ジェルリムーバーを塗布する


ジェルリムーバーを塗布する際はプレート等に一度取り出してから、的確な箇所に適量を乗せることが大切です。
特に根元の部分はエクステグルーとまつげがしっかり接着されていることが多いため、ツイザー等を使用して丁寧に塗布してください。



 

塗布量は適量で


ジェルリムーバーはたくさん塗布すれば早くオフできるというものではありません。
早く取ろうとしてたくさん乗せてしまうとお客様の目の中にリムーバーが入ってしまう事もあります。
トラブルを避けるためにも、適切な箇所に適切な量を塗布する様にしてください。

ジェルリムーバーで全体のオフするのはコットンを敷いたりしないのでクリームリムーバーで全体オフよりも時短になります。

是非サロンワークにCILのジェルリムーバを取り入れてみてください。


▽ジェルリムーバーのマツエク商材はコチラ
 ジェルリムーバー商材一覧
▽フラットラッシュのマツエク商材はコチラ
 フラットラッシュ商材一覧
▽ボリュームラッシュ・カラーのマツエク商材はコチラ
 ボリュームラッシュ・カラー商材一覧
▽ボリュームラッシュ・ファンのマツエク商材はコチラ
 ボリュームラッシュ・ファン商材一覧